ストレスと動脈硬化には密接な関係があるというのが、近年では一般的な認識になっているのです。でも、実際にストレスがどれだけ動脈硬化と深い関係があるのかということもに関しては、案外危機感を感じていない人の方が多いと思います。ストレスとは、「精神的に感じるあまり好ましくない状況」と言った認識の人が殆どのようです。これという明確な境界線が無い為、どのような精神的苦痛がストレスと呼べるものなのかというのが曖昧なのも危機感を感じにくい理由の一つでしょう。大人だけでなく子供でも、日々何かのストレスには晒されているのですし、同じ状況に陥っても人それぞれ感じ方は様々ですから、激しい苦痛と感じる方もいれば、大したことではないとほとんど苦にならない人もいるものです。ですので、「何がストレスか、どの程度なら動脈硬化の進行に関わるほどであるのか」と言うのは医者でも説明できません。ですが、精神的なストレスが実際に肉体的な変化をもたらすのは事実なのです。それは本人に自覚症状を感じないだけで、ストレスを受けると人間の体の中では変化が起きているからです。ストレスにより、交感神経からはノルアドレナリンといった物質が分泌されます。ノルアドレナリンには心拍数を上昇させる働きがありますので、血圧が上昇してしまうのです。つまり、この状態が長期間続くと、結果的に心臓に多大な負担を掛けることになりますし、血管にも負担をかける事になって、動脈硬化を進行させてしまいますー